マナー

相変わらず

銭湯で洗い場の場所取りをする奴や

掛け湯をせずに行き成り湯船に入る馬鹿がいる

子供ならいざ知らず、大体中高年~高齢

マナーは守って欲しい。切実に

 

大井川鉄道撮り鉄のマナーの悪さがまた問題になったそうで

まあ、本当にごく一部の人なんでしょうけどね

マナーの悪過ぎる撮り鉄というのは

 

はたまた最近はスマホの普及に伴い

撮り鉄ばかりではなく

観光客の写真撮影のマナーの悪さが目に余るそうです

花や枝を折ったり、私有地に勝手に入ったり・・・

 

先日、県立美術館で男性がスマホで作品の撮影をしていたんだけど

あろうことか LED照明で作品に光を当てながら撮影をしていた

今回の展示は作品の撮影自体は O.K. なんだけど・・・

 

マナーというよりも・・・ね

 

オイラも気を付けよう

 

 

広告を非表示にする

USB

先日、派遣先での

プリンの話を聞いた

40代の既婚女性が三椏、とか

しかも相手の三人とも同じ会社の人間、とか

なんなんすかね ?

取り合えずその既婚女性に

USB という渾名をつけた

心の中で

 

 

U = うるさい

S = すけべ

B = ばばあ

 

あれこれ抜いて差してって意味も込めてみました ( ๑`・ω・´)

広告を非表示にする

郵便局留にしてみた

先日ネットでクリップタイプのイヤリングパーツをポチっとなした

ニッケルフリーのもので

1セット 600円のものを 2セット

送料などで1696円。支払いは代引き

で、今回  初めて

郵便局留を利用してみた

 

受け取り方は、どうってことない

追跡サーヴィスで荷物が届いたのを確認し、受け取りに行く

郵便局留である旨と自分の名前を告げ

身分証 ( 免許証など ) を見せてお金を払い

受け取りの署名を書くだけ

感じとしてはコンビニ受け取りに近いかな

自分の都合のよいときに取りにいけるし

宅配便の時間指定だと結構時間的な幅があるので

場合によってはこちらもありかも

 

 

 

平成 34年 ?

11時前になんとか起き抜ける

未明に寝たので、眠っ

身支度を済ませ、運転免許センターへと向かう

免許の更新 !

 

30分~40分弱ってとこですかね、到着

午後の受付け開始が13時からなので車中で待機

13時前に受付けの列へと並ぶ

受付けの順番待ちで少し時間が掛かったものの

後はスムーズに

印紙を買い、申請書に記入

そして、

 

 

そして

 

視力検査ぁぁああああああ゛あ゛あ゛

 

実はさ、正直裸眼で

 

ぎりぎり

 

 

 

あうつ !

 

 

くらいなんだよね、視力

なので、目の調子が良いときじゃないと行けない  笑

 

視力検査で引っ掛かると・・・どうなるんだろ ?

眼鏡かコンタクトを用意して、後日・・・とか、かな ?

やヴぁいよね ?

つか、面倒がくさいよね、そんなの

しかもさオイラ、4日前の健康診断の右目の視力検査のときにさ

3番目に大きいやつのどこが開いているのか見えなかったんだ

 

   全然

 

     笑

 

ぼや っとしちゃってさ  笑

 

見えないの

 

まずいよね ?

 

で、4日前から少し身体の調整をば

オイラは基本、右半身が少し左よりも縮み気味なので

その辺を治したり ( 一時的なものだけど )

ピンホール眼鏡を掛けて

眼の周りの筋肉の動きの硬い所を探って

硬い所を解したり、意味のない力みを抜いたり

 

で、結果

 

検査者の反応から見ると

結構良かったみたい

余裕な感じでした

もちろん、視力は問題なく裸眼で OK.

 

後は写真を撮ったり講習を受けたり

2時間弱程で無事に新しい免許証をゲト

ゴールドじゃなくなっちゃったけど

一応、5年間は更新しなくてもいい

そう

 

“ 平成 34年 ”

 

 

陛下が御退位されたら、どうなるのでしょうか ?

 

 

広告を非表示にする

備前焼まつり 2017

7時半過ぎ、伊部小はそろそろ満車かも、と

リフレセンターへ

流石にまだ早かろうと、読書をしていると

皆さん車を出られて 備前焼まつりへと向かわれている

早っ !

それでは、とオイラもまつりへと向かう

( 因みに、ですがリフレセンターも 8時過ぎには満車でした )

 

のむびりと歩いて、天野智也先生のところへ

今年は けらもす T シャツを作られたとのことで

メンバーの方全員着ていらっしゃるとのこと

お似合いでした

頂いたのは 鎬のカップ ( でよろしいのでしょうか ? )

土味を引き出す滑らかな鎬に濃い目の緋襷

黄、茶、白、青の胡麻

溜りに結晶化も見られ、お値打ちな逸品

時間前に奥様とお二人で開店準備をされている中

失礼致しました

まあ、毎回なのですが  笑

 

伊部駅に向かって少し歩き

澁田寿昭先生と内田和彦先生のところへ

お二人で 〝 けらもすガチャ 〟を設置中

その間にお二方の作品を物色させて頂く

頂いた物

内田先生は黒の化粧土の酒器

以前からの内田先生の持ち味の

緩やかな線と大らかな面それとデザイン性を強める鎬

それらと 楽 が まとまった様な姿が気に入りました

実は何年か前に先生は 楽 がお好きで

そちらの方にも進んで行きたいと仰られていた時から

楽しみにして、狙っておりましたので

満足です !

澁田先生は鉢を。所謂 備前の擂鉢型のもので

見込みの穏かな黄胡麻

落ち着きのある緋色

穏かな海の水面のようなライン

細やかにきらきらと輝く静かな土

静かな夜の海の水面の音が聞こえてくるようです

また東京で個展がおありだそうです

 

駅前に出て、大通りの突き当りを右手に折れ暫く進む

QUIET HOUSE さん。小橋順明先生がおられるところ

相変わらず同時進行 & 細やかなお仕事でお忙しいそうです

蝶文輪花小皿を頂く

蝶の陽刻文入りの小皿。揚羽でしょうか ?

江戸の備前っぽいですよね

と 思ってQUIET HOUSE さんのHPを見たら

江戸後期~昭和初期に作られた煎餅皿と

同じ技法で作られているとのこと

飽く迄個人的な感覚なのですが

江戸時代の磁器の隆盛から陶陽先生の頃迄の備前焼

ある意味で正しく苦闘の時代で、そんなに数を見たわけではないのですが

当時の職人の苦悶が見えるかのような作品も拝見したことがあり

特に日常の食器などは優品が少ないイメージがあります

そこら辺に目を付けられるのは流石 ! ではないでしょうか

 

QUIET HOUSE さんのお隣の上堂智子さん

お会いするのは何年振りになりましょうか

今回は展示に悩みました とのこと

そうですよね、取り合えず、それこそ数ある備前焼、の中から

自分の作品を見て頂かないことには始まらないのですものねえ

オイラもお世話になっている作家さんのところにお邪魔するだけで

あとは基本、眺めるだけ、みたいな感じですからねえ

ある意味、砂利浜で膨大な数の石の中からヒスイを拾う

富山、新潟の翡翠拾いに似ているのかもしれません

鎬の酒器を頂戴いたしました

艶やかな緋色にたっぷりの黄胡麻

耐え切れなくなり流れ落ちた幾筋もの玉垂れ

キラキラと煌く玉垂れの玉

力のある土に力のある景色 !

 

そのまま東に暫く歩いて行き、渡邊琢磨先生のところに

アットホーム ( かなり関西風 ) な雰囲気はいつもと変わらず

先生の明るく軽妙洒脱なトークと落ち着いた奥様の接客

そして以前にも増して接客スキルの磨かれたお嬢さん

なんという、選手層の厚さ !

何が凄いって、お嬢さん

すすす、さっ と、文字通りに  所狭し、と動いているのだけれども

まったく嫌味がなく、寧ろ愛嬌さえ感じられる

焼き物とは関係のない話になるけれど

やっぱり、子供を育てる、ということは

親の姿 ー自分の姿ー を見せる、ということに尽きるのでしょうね

朝、車の中で読んだ 池波正太郎先生の御本に書かれていた通りです

さてさて、話が逸れましたが、先生の作品のことを少しばかり

備前象嵌ものの象嵌のデザイン

いったい幾種類考えておられるのでしょうか

あらためて、流石と言いたくなりました

頂いたのは自然練り込みの酒器

陽刻が入り色も青からクリイミーな茶色、焦げ茶、黄胡麻と多彩

その多彩な色が面取りの鎬と相俟って複雑な模様となっています

手の中で転がし、その模様を眺めるだけでも楽しめます

 

そのまま更に東に歩き安田龍彦さん

窯出しのときにはまだ展示することのできなかった

訳あり ? の作品などもあり 楽しめます

12月の初旬には大阪は天王寺の近くで展示をされるとのことです

酒器を頂戴しました

3年前の窯のものだそうですが、置いておくと何か白いものが

粉を吹いたようになり、その為に窯出し展示に出せなかったもの

最近その状態が落ち着いたので、今回の展示となったそうです

他にも胡麻の景色の殊に美しい酒器が 2,3あったので

悩んだのですが、青味を帯びた濃いグレーと

件の白の取り合わせがなんとも捨て難く

 

何となく興が乗って来たので

今回は久し振りにまつりの会場を散策

2号線を渡り備前中学校の方へ

伊部公民館の少し先で、一箇所気になるところを見つける

作品を少し拝見し、一度は立ち去ったものの

やはり気になる、と引き返したところで

マルヤマウエアさん

備前焼釉薬ものがあり

釉薬ものも備前焼の原料 ( 備前の土と松 ) を

ベースにしたものだそうです

デザイン性に富んだマメ皿がとても良い感じで

女性へのちょっとしたプレゼントなどにいいかと思います

洗練されたデザインと

備前焼の原料が持つ素朴さ温かさの組み合わせが

とても良い存在感を感じさせてくれます

中でも  銀 をほんのちょっとだけ入れた為に表れる青

トルコブルー、スカイブルーと一括りにはし難い

きれいな青色が大変に素敵でした

マメ皿を一つ頂戴しました

 

その後も会場をのむびりと歩く

う~~ん、弱冠 出店される方が

減ったような気がしないでもない

 

一度、リフレセンターに戻り花・友さんへ

例年 小山陽子さんが出店されている所なのですが

流石に小さいお子さんがお二人もいらしたのでは・・・

そう思いながら行ってみたのですが・・・

   !

なんといらっしゃいました !

やはり残念ながら備前焼は売っておられませんでしたが

その代わり葡萄と天むすを売っておられました

種々の事情で今年は間に合わなかったそうですが

作品は着々と作っておられるそうで

新しい形のものにも取り組んでおられるとのこと !

小さいお子さんが二人もいらっしゃるので大変なのでは ? と伺うと

逆に、作らないと余計に気になるそうで

来年は地域のお祭りの関係で土曜日のみの出店予定になるそうですが

次回は出店されるとのこと

楽しみにしております

 

リフレセンターで  野の花と器展 を拝見した後

かきおこと天むすを食し

会場を後にしました

今年は全部で 2万円程でしたか

多少雨がぱらついたものの気温的には歩き易かったので

今年は本当にのむびりと廻らせてもらいました

作家さんとのお話も込み入った ( ? ) 話はほとんどせず

近況をチラッと聞いただけでしたが

まあ、それはそれでありではないでしょうか

先生方ありがとうございました。

 

f:id:hirunesai:20171015051940j:plain

 

一段目   左 今回 頂いたもの 中、右 澁田先生の鉢

二、三段目 左から 天野先生、内田先生、安田さん

四段目   上堂さん

五段目   左。中 渡邊先生 右 QUIET HOUSE さん

                 マルヤマウエアさん

 

 

広告を非表示にする

権力は何の為に ?

悪くない人間を

証拠もないのに

権力で

散々っぱら悪者にしていたやつらが

悪い人間を

証拠がない、という理由で

野放しにする

 

  ?????

 

わからーーーん ( 吉岡里帆ちゃん風 )

 

 

悪くない人間を権力を使って悪者にするのに

権力を用いて悪い人間に   悪い、と言って聞かせ

良い方向に導くことはしない

 

 

  ?????

 

わからーーーん ( 吉岡里帆ちゃん風 )

 

 

権力は自分が偉そうにする為にあんのか ?

誰かの為に使う為にあんのか ?

 

 

 

広告を非表示にする

テーブルヤシ

6月半ばに 6年振りとなる植え替えをした

テーブルヤシの片方の子が元気がない

つか、葉が枯れてきている

何だかんだで 20年近くも同居しているだけに

なんとか、再起して欲しい

あと、それから南天の実生の子は植え替えて早々に

枯れてしもぉた

園芸培土が合わんのやろか ?

 

 

広告を非表示にする