小学校の桜が咲いた

昨日。

今年は少し遅いのかな ?

と、思っていた小学校の桜が

暖かな日の到来と共に

一気に咲き出した

この桜の木の下を通ると

なんだか ほっ とするんだよね

春風や

 

                     あ

                     ぁ     春

                     春     風

                     風     や

              桜      や

              餅

 

 

 

 

広告を非表示にする

アメリカ抜きでなら

TPP

アメリカ抜きでの発行検討

 

それなら、大筋でいいかも

 

だけど、それでも

口を挟んで文句を言って来そう

アメリカが

 

 

敵国語

 戦時中に店名を変えられたという

洋菓子店のことが、ネットのニュースサイトで

取り上げられていた

戦争ってやっぱり狂っているのかね ? 何かが

まあ、こういう言い方は、あれかもだけど

我が国の国会議員さんとかも

程度の変わらない揚げ足取りや

似た様な言葉狩りをしているよね ?

変わっていないんじゃないかな、日本人は

今の、人としての善悪の抜け落ちた空気の方が

怖い

ヒステリックな感情論が大手を振って罷り通っているのが

何か、恐ろしい

広告を非表示にする

出口王仁三郎とその一門の作品展  王仁三郎の世界 ー 耀盌顕現 ー

入って直ぐの王仁三郎氏の観音像 ( 画軸 ) を見た

肩が  すと っと落ちて力みが取れる

花山院を思い出す

出口王仁三郎とその一門の作品展

 王仁三郎の世界 ー 耀盌顕現 ー 」

 

前日にネットでこの展覧のことを知ったので

最終日の今日、慌てて拝見に伺った

当然に図録などは完売しており

その分 何とか脳みそに焼き付けておこうと

会場内を何度も行き来した

素山先生が大本教に入信されておられたことは知っていたが

陶陽先生も入信されていたことや

倉敷御出身の出口日出麿氏のことは存じ上げていなかったので

大本教と岡山が意外にも繋がりがあることを知り

些か驚いた

 

日出麿氏の書の余白の美

余白が先にあり、その余白が運筆を決めたのではないかと思う程に

すみこさんの天真爛漫、おおらかな書

学校にも行っていない自身の書が評価を受けていることを知り

おかしな世の中になったものだよ、との意味のことを仰られたとか

反骨の精神までもがおおらか

直日さんの美しく格のある画、絵付け

そして王仁三郎氏の耀盌

内は大気大地空日の天地の如く

外の形に溢れる余情

その天地と心をキャンバスとした南欧を想わせる明るく豊かな色彩

王仁三郎氏の眼にはこれが見えておられたのか !

また王仁三郎氏の筆は大地や山河、天地の如く

一門の方々の唯 〝 人間のみ 〟 の現れた作品

私欲など殆ど感じることのない

穏かさ、素直さ、おおらかさ、清々しさ漂う作品

宗教、芸術についてばかりか

自分の中の下卑た美的感覚をも見詰め直す

 

天国廿八 御遊 潮音 不二 撞き 回青橙 翁

 

童心の真っ直ぐな素直

高く、素直な技術

そして、祈り

「古今独歩」

 

 

訪問者

名前を名乗らない訪問者は

出る必要がない

 

ほんまに

広告を非表示にする

本 4冊

先日、岩国での乗り換え時に

電車に忘れてきてしまった本

途中迄読んでいたのだが、ちょっと面白かったのと

この本はある方にお送りした方がよいだろうと思ったのとで

買い直すことにした。2冊

ただ、買い直すことにしたのだが

本のタイトルも著者のお名前すらも覚えていない  笑

まあ、本屋さんに行けば分かるやろ、と

とりま本屋さんへ行った

本屋でうろうろと店内を探すが

全く思い出せない  笑

結局、別な本を二冊購入した

植物はそこまで知っている 感覚に満ちた世界に生きる植物たち

   ダニエル・チャモヴィッツ氏 著  矢野真千子さん 訳

一休 「 禅 」 の言葉

   境野勝悟氏 著              の二冊

お目当ての本は、帰宅後ネットで注文した  笑

便利な世の中すなあ ( 棒 )

あ、最初のお目当ての本は

医学常識はウソだらけ 分子生物学が明かす 「 生命の法則 」

でした。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする