焼き物

戦国陶器展と有松絞り

日付が変わった頃、三ノ宮に到着 寒いので直ぐにマンガ喫茶へ向かうも、満席 二軒目はなんとかオープン席が空いていたので オープン席に滑り込む やれやれだぜ 5時過ぎの始発に乗り、名古屋へ 名古屋で地下鉄東山線に乗り換え 1駅の伏見へ 更に伏見で鶴舞線…

焼きもんの整理

土曜 宅配便を受け取った後、焼きもん棚作りの続き イキアタリーバッタリーの製作の為に出来た 目立つ隙間などを端材で塞いでいく 後は補強 一区切りが付いたところで休憩 ぼんやりとネットをする それからホーセンへ 先週のドリルの不良品を交換する為 当然…

焼きもん棚あと少し

14時からオイル交換に オイルが 2000km くらいしかもたない ふーーむ 困ったな オイル交換の後ホーセンで木材等を買う 蝶番やら金具など含めて 4800円也 トータルで 23000円くらい 結構掛かるな 飯などを買い帰宅 焼きもん棚のさんでぇでぇくは 16時過ぎにス…

折れ過ぎ

今週も焼きもん棚作り いつも通りに木材の買出しからで 取り掛かりは今週も 15時過ぎ 笑 しんど過ぎて昼頃迄は動く気にならない あ、購入した木材は 2000円弱 ( トータルで 18000円程 ) 取り掛かって直ぐに 電ドルの下穴開けに頻繁に使用する 2mmのドリル刃…

今週末も焼き物棚作り

土曜日、二度寝三度寝で昼前に寝床から抜け出す ぼんやりとネットをし、14時頃から漸くに 棚作りの続きに取り掛かる まず側面のベニヤ板貼りから それが済んだら引き戸の木材を買いにホーセンへ向かう 木材 1600円程を購入し帰宅 直ぐに引き戸を滑らせる溝部…

徳利とぐい呑みを嫁入り

今日、同じ建屋内で働いている I さんと話をしていた時に オイラの焼き物の話になった そして、話の流れで I さんに焼き物を差し上げることになった お酒を呑まれるそうなので 「 じゃあ、徳利でも 」と その時パッと浮かんだのが安田さんの徳利 安田さんの…

焼き物棚作りの続き

朝、早くに起きる心算だったが 眠たかったので 10時過ぎに起床 この時点で本日の棚の完成はほぼ危うい 笑 取り合えず追加の木材を買いにホーセンへと向かう為 玄関を出る・・知らぬ間に雪が積もっている 天気予報は霰だか霙だかだったけど 結局雪が降ったの…

焼き物棚作り

今日は久し振りにさんでぇでぇく 昨日ナフコさんで買っておいた木材 ( カット込みで 7180円。今回は面倒だったので ほとんどカットしてもらった ) で 焼き物棚を拵える 11時頃から途中だらだらと休憩を入れつつ 19時過ぎ迄作る 作りつつ強度の様子を見ながら…

つらつらと考えてしまった

個人的に 気になった点・・・ といっても土曜日だけでしかも半日も居なかったのであれなのですが なんとな~く感じたこと 出展者が微妙に減っている気がするのですが・・・ ? お客さんもコアな層が弱冠減りつつあるような気がします お客さんの流れ方が大分…

備前焼まつり 2018

7時20分頃に家を出て リフレセンター着。7時50分前 既に車を降りて廻られている方もチラホラホラと 少し休憩してオイラもチラホラホラと 小山陽子さんのところへ 例年と同じ花友さんのところで日曜も居られるとのこと 主婦母親業との両立の中での製作は時間…

模様替えの為に

部屋の模様替えの為に 少し物を捨てようと思うのだが 物が多いのんとへたれな貧乏性で なかなか進まへん 笑 一番の問題はやはり焼きもん 焼きもんは捨てはせえへんけど 如何収納するか、なんだよねえ 取り合えずオイラ作の焼きもんは 仕舞い込むかのぉ

届きました !

月曜の晩、旅から帰ると不在票が ! ということで、本日のおん仕事が終わってから 郵便局へ引き取りに行ってまいりました お盆にお邪魔した会津本郷焼の 樹ノ音工房さんの体験作品です 少し明るめの飴釉に白の幕釉を掛けて仕上げて下さり どこか山並みを眺め…

会津本郷焼 !

5:55 発 会津若松行きに乗り 只見線に乗り換え会津本郷駅で下車 歩いて会津本郷焼の窯元さん達が集まっている 瀬戸町通りの方へと散策しながら向かう 樹ノ音工房さんに体験予約の電話 当日予約 9時前に樹ノ音工房さんへ 体験は 500g 1000円と 1kg 2000円 送…

大まとめ  18年 7/31

17年は 16年に引き続き 3回のみ そして、今年 18年に至っては 未だに 0回 苦笑 どうなることやら 大まとめ 18年 7/31 ( 体験記事の各ページにリンクは張っておりませんので ご興味のある方はお手数ですがブログ下方のブログ内検索で 検索して各ページをご覧…

届きました !

日曜日、年末にお邪魔した 陶舗やまわさんの手捻り作品が届きました ! 今回は自分で削らずに、削りをお任せしたので 結構、指跡も残っていて ザ・手捻り ! といった感じ その指跡が若干の青味を帯びる白萩釉の濃淡となり オイラの下手さ加減はありますが よ…

安田龍彦さん窯出し展示 2018

朝の六時迄夜勤の休出だったのだけれども 1時間程の仮眠の後 佐伯の安田龍彦さんの自宅工房に向かう ! 今回の窯 ( 焚かれたのは 昨年の 11月 ) で二十回目になられる 12月に大阪での個展を経て 昨日土曜日からの窯出し展示 睡蓮鉢を焼かれる為、今窯は 600℃…

吉野ヶ里 !

昨晩は途中で寝てしまったので 陶芸体験探しを深夜から朝方迄 朝方やっと 4日の手捻りの予約の申し込みのメールを入れる 予約を受けて頂けるかはまだ分からないが 取り合えず今日は吉野ヶ里歴史公園に行くことに 9時過ぎ吉野ヶ里公園駅にて下車 徒歩にて吉野…

九州 !

始発職人の朝は早い 5時半の電車で西に向かう 午後九州入り 何年振りだろう ? 昨日某サイトで 3日に手捻りの予約を 申し込んでいたのだけれど 結局予約は不成立との連絡が来る まあ、見切りでの出立やったから想定内 博多を過ぎけやき台で下車 筑紫野温泉 Am…

川越で手捻り !

4時前にマンガ喫茶を後にする 始発職人の朝は早い ・・・・ つか、千葉駅、まだ開いてねぇじゃん 笑 なんだよぉ 7時前、埼玉県は川越に到着 本日は川越で陶芸体験 ! 10時から・・・ 仕方がないのでふらふらと歩く なんか、吉牛とかは開いてるけど 適当に時間…

備前焼まつり 2017

7時半過ぎ、伊部小はそろそろ満車かも、と リフレセンターへ 流石にまだ早かろうと、読書をしていると 皆さん車を出られて 備前焼まつりへと向かわれている 早っ ! それでは、とオイラもまつりへと向かう ( 因みに、ですがリフレセンターも 8時過ぎには満車…

異動されるリーダーさんへ

来月から T リーダーさんが異動で別工場に移られる 別な部署のリーダーさんなのですが 仕事だけではなく、個人的にも大変お世話になった方 M主任との爽やかまじめなライヴァルコンビが見られなくなるのは ちょっと残念な気もしますが 別工場 ( といってもこ…

届きました !

三月の終わり頃にお邪魔させて頂き 手捻りをさせて頂いた 陶工房 風土さんの体験作品が届きました ! 窯の故障の影響で焼き上がるのが 遅くなってしまわれたそうですが 待った甲斐のある いえ、待った甲斐以上の 素敵な作品に焼き上げて下さいましたあ !! オ…

日曜日

朝、のそのそと起き抜け 石の比重チェックの残りの分を片し 朝飯後、岡山県立博物館へと向かう 〝 山鳥毛 〟 上杉謙信公、景勝公の愛刀なのだとか ! GW に新潟に行く予定で、今回は なりきり謙信公 ! にも行こうかなあ、などと 企てているオイラが、この 特…

届きました !

昨日お昼前、届きました ! 先月に体験でお邪魔した 吉賀大眉記念館さんの体験作品 ! お茶碗を姫萩で、植木鉢を枇杷色で 仕上げて下さっているのですが なんと まあ、美しい釉 ! ! 姫萩は淡く美しいブルーとピンクオレンジ この二色が見せるとても美しいグラ…

第 3 回牛窓クラフト散歩

13時半過ぎ、会場駐車場に車を止め カメラ片手に早速に見て廻る 第 3 回牛窓クラフト散歩 16時迄なのであまりゆっくりとは見られなかったけど 雰囲気というか 2年に一度、牛窓の方々や運営されている方々 作家さんやボランティアの方々によって創り出される …

出口王仁三郎とその一門の作品展  王仁三郎の世界 ー 耀盌顕現 ー

入って直ぐの王仁三郎氏の観音像 ( 画軸 ) を見た 肩が すと っと落ちて力みが取れる 花山院を思い出す 「出口王仁三郎とその一門の作品展 王仁三郎の世界 ー 耀盌顕現 ー 」 前日にネットでこの展覧のことを知ったので 最終日の今日、慌てて拝見に伺った 当…

竹原、萩旅

初日 ( 土曜 25日 ) 相も変わらずに準備や下調べにけりをつけたのは 3時過ぎ 笑 ちょこっとだけ寝る 始発に乗ろうとするがチグハグな流れと感じたので 電車を一本後のものにする 山陽線を西へと向かい、糸崎で呉線に 9時過ぎ竹原着 道の駅たけはらで少し土産…

萩 !

5時 39分、下関から山陰線の始発に乗る 8時 31分、東萩に到着 まぁーるバスに乗り、吉賀大眉記念館さんへ 予約はしていなかったのだけど、空きがあるとのことで 手捻り ( 2個製作、3000円の方のコース ) をさせて頂くことに 支払いを済ませ、体験の準備をし…

陶工房 風土さん

6時前の電車に乗り、山陽本線を西へ 糸崎で呉線に乗り換えて 9時過ぎに竹原に到着 予約した 10時迄には、少しばかり時間があるので 道の駅 たけはらへ行き、土産物などを拝見 竹細工がとても美しかったです 頃合いに道の駅たけはらを出て、町並み保存地区へ…

〝 それ 〟

以前、陶芸体験をしていたときに 無心といったらいいのかな、そんな状態になったことがある 先生は席を外されていて、一人で自由に 手捻りで作らせてもらっていた時のことで かなり夢中で作っていたのだろう その時の話 自分がつい今し方、無心 “ だった ” …