姑息過ぎ

与謝野馨経済財政相が25日の記者会見で

ガソリンの店頭価格が3ヵ月連続で160円/ℓを超えた場合

ガソリン税の旧暫定税率分(=25円/ℓ)をなくして

価格を下げる制度を、やめなければいけない

と、制度の廃止についてお述べあそばされたとか


何を仰ってやがられるの ?

そもそも、こういう制度になった経緯は ?


鳩山氏 (正直、この方には氏を付けずに呼び捨てで書きたい) が

公約であった、ガソリン税暫定税率廃止を

政権取った後になって、出来ません、無理でした

と言った後、ほとんど、つか、まったく議論らしい議論もせずに

いきなり、今みたいな訳の分からん制度にしたんでしょ

多くの国民が納得していないと思う

だって暫定だったものが、いきなり増税になったんやし

それなのに、中東情勢の影響からガソリン価格が上昇し

暫定税率分値下げが現実味を帯びてきたら

「やめなければいけない」

「制度を再検討しなきゃいけない」


制度が実行されれば、国地方の税収が減り

被災地の復興財源にも支障を来たすとの考えかららしいけど

ちょっと納得しかねる

ガソリン価格が上がったまんまだと

被災地のガソリン価格も高止まりのまんまということもあるけど

なにより、この制度になった経緯を考えたら

震災のどさくさに紛れて、官僚の意見を代弁しているやにしか聞こえない

(まあ、この人はいつもそやけどd…)

そりゃあ、与謝野氏は民主党員じゃない

でも民主党政権の閣僚なんでしょ ?


だいたいな、オイラは現行制度すら認める気にはなれない

増税は必要かもしらんけど、姑息過ぎる

広告を非表示にする