乱世の奸・・・

アンカー(4月20日放送分)より

気になるところ

引用及び意訳させて頂く形で


復興財源としての消費税増税

言うまでもなく

復興の目処がついたら、社会保障の財源にという目論見の

便乗増税

こういった官僚達の動きに、桜井充財務副大臣が怒ってしまった

(ガソリン税のトリガー税制の一時凍結も通過しそうやけど

こっちも危ないな。気が付いたら、つか、国民が知らない間に

しれっと廃止になってそう。で、国民も国民でガソリン価格が

高騰するまで気付かない、といういつものパターンかの ?)


アレバ社の技術力には疑問符+しかも、費用の交渉は事後

青森県六ヶ所村核燃料サイクル施設、再処理工場はアレバ社の技術を使用

これが稼動できないまま20回近く先延ばしになっている

しかも、元々の費用は7600億円だったものが

現在、2兆2000億円に

アレバ社はフランスの国策会社(株式の9割方を国が保有)なので

フランスが六ヶ所村を食い物にしている

というのは、国際社会では有名なお話

このアレバ社に福島の原発のことをお願いすることに

国際社会は・・・・へえー、と呆れ気味

アレバ社の技術力、請求される費用に対して、かなりの不安


日程

工程表はアメリカ軍とNRC(アメリカの原子力規制委員会)

フランス原子力庁とアレバ社が合同で作成

日程だけは、官邸の指示

技術系の政府当局者からは

こんな日数では出来ません


ブラックボックス

福島第一原発の1〜5号機の原子炉を作ったのは

アメリカのGE社(ゼネラル・エレクトリック社)

未だに、というより、この期に及ぼうとも

原子炉の重要情報をブラックボックス化している

アメリカにとっては、核兵器原発利用も同じ

基本的な原理は一緒

なので、原子炉の重要情報を見せない


アメリカの心配 1

もし(余震などで)10時間、冷却が止まると

原子炉の底が抜けるかもしれない

なので、早急に外付きの冷却システムが必要


アメリカの心配 2

浜岡原発

青山さんが、(浜岡原発を)もう止めなきゃいけない、と意見すると

この件に関わる政府当局者の返答は

どうしても官邸が、うんと言わない との内容だった


現場に来られている作業員の中には

自分の車を持ち寄ってこられている方

定年後にも拘らず、自分は原子力で働いてきた責任があるから、と

志願してこられている方達もいる


早く土壌を洗浄していけば、そこに人々が戻ることができる


といったところです


それはそうと

青山さんが以前言われていた、3号機付近の高放射能瓦礫

今日、撤去されたとのニュース・・・

しかも、しれーーー と

撤去いたしました、安心ですよーーー みたいな感じで

屋外の長時間作業が‘不可能な為’撤去しました、とか

青山さんがこの瓦礫の事をブログに書かれたのは

3/26 だよ!??

1ヵ月近くもかかって、やっと???

青山さんが4/11のTVタックルでこの瓦礫について発言されてからも

12日経ってる

しかもその間、原子力安全・保安院から

放射能な瓦礫についての正式なアナウンスはあった ?

無かったと思うんだけどなー

しれーーー と、撤去しました。じゃないだろう

最悪

原子力安全・保安院といい、官邸といい

本当に最悪


最悪ついでに言わせてもらうと

今、一番最悪なのは

やっぱり、菅総理

オイラは子供の頃から歴史が好きで

歴史の中には暗愚な君主や

私利私欲に走る宰相なんぞも出てくるけど

まさか、自分がそんな宰相を目の当たりにすることになろうとは

思いもせなんだ

ほんまに

治世の能臣

乱世の奸総理


いまいち ?

広告を非表示にする