甚大な被害

ピンタゾウガメの最後の生き残りであった

ロンサム・ジョージが6/24に亡くなった

ピンタゾウガメの絶滅の原因は

人間による乱獲


今「巨大津波は生態系をどう変えたか 生きものたちの東日本大震災

                      永幡嘉之氏

と言う本を読んでいるんだけど

この本によれば、今回の地震による津波が齎した

東北地方の生態系への被害は甚大なものらしい


勿論あれだけの津波が襲ったのだから、甚大な被害を受けたことは

分かっているじゃないか、と言われそうだけど

そういう意味で甚大なのではない


嘗ての貞観地震のときも東北地方は津波に襲われ甚大な被害を受けた

だが、その時は自然も豊富で生物の分布地域も今より遥かに広かったので

津波に襲われた場所で、ある種が滅んだとしても

その地の自然が回復すれば近隣の分布地域から滅んだ種がまた移り住み

生態系が回復された


だが今回は違った

人間の開発によって極度に分布地域が狭められ

且つ分布地域同士の距離が遠くなり、孤立化してしまっていたために

津波被害にあった場所の自然が回復しても

その場所の生態系自体は回復しない可能性の高い地域が

数多く見受けられる


直接の原因は津波だけども、津波後に回復ができないほど

人間が生態系を目茶苦茶に破壊していた

人間が齎した生態系への甚大な被害


滅びるべきは

広告を非表示にする