夜勤終わって帰宅後しと休み

買い出しに

炭、道具土 (ここら辺の呼び方は童仙房の方らしい←下に訂正有り)

それからラップ etc.

ラップは重要   笑


道具土は丸二陶材さんで購入

道具土は練ったものがなかったので粉末 (320円/kg) のものを 3kg


まず、以前から目をつけていた樫木炭 (5kg入り1380円) を10kg購入

備長炭も欲しいのだけど、手頃なものが置いていなかったので

別なホーセンへ行き 3kgで 998円のものを購入

一応これで13kg。もう少しないと心許ないかな

ということで、もう2,3軒ホーセンを巡る


うーん、どこも似たような品揃え

外国産のマングローブ炭と値段が高い高級備長炭がメインで

他に竹炭と岩手のなら炭とか

(因みにこの岩手のなら炭、店によって500円くらい値段が違う 笑)

マングローブ炭は塩気の虞があるのでパス

値段とかあれやこれやと考えて、結局

最初のホーセンに戻りて樫木炭 5kgを追加で購入

これで18kg。足りるかな ?


炭に関してはもう少し種類が置いてあると勝手に思っていたけど

意外に少なかったなあ

松炭とかどこで売ってんだろう ?




訂正があります (2013/02/09)

道具土の呼び方がここら辺では童仙房、という風に書いてありますが

私の勘違いです、申し訳ありません

童仙房は道具土として使われることもあるため

道具土の総称のように使われることがある、ということだそうです

なので童仙房=道具土ではなく

道具土の一種として使われることもある土、ということだそうです

失礼致しました

広告を非表示にする