越前焼薪窯体験

hirunesai2012-10-19

仕事を力ずくで定時に終わらせ

車検に出している

ワゴナールを迎えに行こうと

急いで帰宅

!!

宅配便 !!

越前から !!

薪窯体験の作品が届いている

これは、見ないわけにはいかない

取り合えずワゴナールの引き取りは少しだけ置いといて

早速にいそいそと開封


さて、今回は

の、前に、窯入りできなかったもの

焼酎杯と沓茶碗でした

焼酎杯は自分で焼くとして沓茶碗はなぁ

入らんやろミニ窯には

しさし振りに持ち込むかなぁ・・・


と、仕切りなおし

さて、今回は・・・

強還元やったのでしょうか ?

火が当たっていない黒から艶っ艶の黒や黒胡麻

そして青い金彩とややトーンの暗い緋色

6点とも焼けの感じは大体同じ感じで

自然釉がまあまあ〜結構くらい掛かっています

自然釉はグレーや黒のカセ胡麻あり

茶色掛かったグレーの胡麻、普通のグレーの胡麻あり

マットな金胡麻あり

焦げ茶、茶色の胡麻あり

景色としては渋〜い

育つととても渋〜くなりそう

特に火の当たっていない黒の部分は育つのが楽しみ

あと石爆ぜが結構あるかな

流石、荒土さんやで

大鉢の石爆ぜなんか石ののぞいている部分だけで 5mmくらいある

でか過ぎ  笑

それからもう一つ多かったものが

漏れ   笑

くぅぅぅぅう 要ぃぃぃぃいいらねええぇぇぇぇ

止まらんかなあ、なんとか

(→次の日に使ってみたら全然漏れませんでした。失礼しました)

まあ、大鉢に漏れがなかったから良しとしときましょう

(因みに大鉢の焼き上がりは長いところで30cmでした)


それにしても、ほんまに渋目やわぁ

なんだかんだと結構焼けてるし

つか乾燥時からひとまわりではなく

二まわりくらい収縮しているものもある

好えわあ


薪窯体験実行委員会の皆様、他の参加者さん

ありがとうございました

来年こそは窯詰めに行きたいなあ



画像は大鉢以外の 5つ

広告を非表示にする