帰路

5時半前にマンガ喫茶を出て始発に

名駅で降りて炭の湯さんで朝風呂

8時過ぎの特快に乗る

通路を塞ぐ若い女性グループ

邪魔になっているのが分かっていて

一人が場所変わる ? とか言ってるけど

結局変わらずそのまま、邪魔なまんま

その向こうには床に座り込む中学か高校生くらいの男子 2名

でかいリュックを背負い通路を思いっ切り塞いだ上で

イヤホンを付け、通路を通る人の邪魔をしている若い男

この若い男に通路を通りたい男性が声をかけるが

イヤホンをして音楽を聞いているので若い男の方は全く気付かない

少しイラっとした男性が大き目の声で、すみませんと声をかけて

やっと気が付く、という経緯なのにこの若い男

何故か、声をかけた男性の後姿をずっと睨んでいる

あほやろ、ほんまに

若いのがこんなんじゃ、Damedaro 日本


ちょっと、つか結構な不快感を引き摺りつつもなんば着

久し振りにミナミの空気を吸いたなった


夕方無事帰宅

洗濯だけ済ませておく

広告を非表示にする