読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロシアの諺

ロシアの諺

バカに祈祷をやらせると、自分で頭に怪我をする

( 祈祷とは頭を上下させることだ、としか理解できず

  自分で勝手に頭をぶつける )

馬を憐れんだ狼が、尻尾とたてがみだけ食べ残してやった

( 同情している振りをしながら実際の行動は残虐 )

服装で迎え入れられ、知恵で追い出される

( 外見が良くても中身のない人間は駄目 )

犬が吠え、風が伝える。だがキャラバンは進む

( 他人の言うことなんて気にするな )

ウリータは行く、そのうちに着く

( 結果はいつかでるさ )

首吊り自殺した人の家ではロープの話をするな

( 触れて欲しくないことを態々話題にするな )


2番目の 馬を憐れんだ〜 は、現代の日本女性にも

当てはまるような・・・当てはまらないような・・・???

但しそれは 元の諺の意味とは微妙〜〜に、違くて

同情している振り、ではなく

自分では本当に、同情している、と思って だが

広告を非表示にする