読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アパホテルさんにエールを

以前、派遣先に K という

脊髄反射レヴェルで嘘を吐く女がいた

彼の女は自分のやった汚くも狡いことを隠さんと

またしても平気で嘘を吐いた

その後数ヶ月、その始めの嘘を嘘にしない為に

嘘をつき続け

嘘に塗れていった

そうして最後には嘘と本当の区別のない狂った空気を纏うに至った

その時の K を見て、人外のもの  と思ったものだ

嘘をつき続けた人間は、こんな風に

ある種の狂気を孕んだ空気を持つのか、と

 

 

どこぞの中国とかいう国も、もうそんな感じですよね

嘘に塗れちゃってて

 

アパホテルさんにエールを送らさせて頂きます