ヒスイ拾いまとめ 1

翡翠拾いの初心者から翡翠拾いの初心者へ送る

翡翠拾いまとめ

( ※   あまり役には立ちませんので気楽にお読み下さい 笑  )

 

因みにオイラがどのくらいの初心者かと申しますと

翡翠は基本 〝 白 〟

白白白白・・・

白 !

・・・なんや、貝殻か

白白白白・・・

白 !

・・・・発泡スチロール・・・

白白白白・・・

白 !

・・・・石に付いた 鳥の糞・・・ orz

くらいの初心者を脱し、現在では

うん ?! 緑色 !

石にへばり付いた  ワカメやん !

・・・ orz

くらいの初心者です

 

えっへん !

 

さて本題に入りましょうか

翡翠を拾いに行かれる折

翡翠拾いのコツ や 翡翠の特徴 などを

事前にネットなどで調べていかれる方も多いと思います

 角がある、平面がある

 手触りがすべすべしている

 翡翠の色は基本的に白

 比重が大きいので重い

 表面に味の素の様な細長い結晶が見える

 表面に透明感があり上品な色味

などでしょうか

もちろん、間違いではありません

間違いではないのですが

飽く迄、“ 目安 ” とすべき特長です

富山、新潟で拾うことの出来る翡翠のすべてが

こういった特徴を兼ね備えているとは限らないですし

逆に他の石でもこの様な特徴が見られる場合もあるのです

翡翠でなくってもきらきらと結晶が煌く石もあれば

翡翠に近い比重で重いと感じる石もあります

そもそもに、翡翠 100% という原石は

富山、新潟ではあまりないのだそうです

はっきりと言いますれば

 

我々素人には翡翠か否かの判断は大変に難しい !

 

はい、身も蓋もないですね

翡翠か否かの鑑別は、素直に

FMM ( フォッサマグナミュージアム ) の学芸員さんに

お願い致しましょう

( 学芸員さん、いつもありがとうございます )

 

で、と申しますか、我々素人が翡翠をゲッツ ! する為には

まず、翡翠原石の実物を見ること  《 重要 》

FMM などで展示されているものや

翡翠の原石販売をされているところで見るのもいいでしょうし

親不知ピアパークの観光案内所に置いてある

翡翠原石の写真集などを拝見するのもお勧めです

 

・・・・・・

 

はい、皆さん、翡翠原石を脳裡に焼き付けましたね ?

焼き付けたなら海あるいは川

( もちろん禁止されていない区域で ! ) で

存分に 石を お拾いあれ ! !

自分の気に入った石、またはこれは怪しいという石達を

「 風通しの良さ気な入れ物 」 に拾い入れながら

キープ & よく乾かす ( 可能なら真水で洗ってから乾かす )

そして乾いた石の中で表面が美しくなくなった石は

海川にお返しして、残った石を本キープにする、を繰り返すのぢゃ!

 

・・・・・・

 

はい、石拾いを十分に堪能されましたか ?

堪能して、海あるいは川での翡翠拾いが終わりましたら

宿もしくは車中などで、更なる選別 & 絞り込みを行います

可能な方はデジタルキッチンスケールなどで比重を量り

比重 3.0 より下のものは泣く泣く切り捨てます

そして、最後に残った、これは ! という石達を

FMM の学芸員さんに鑑別して頂きます

 

 

え ? 翡翠拾いまとめっていっても

本当に何の役にも立たないじゃないか、ですって

そうですよ、だって

本当に我々の様な初心者が翡翠を拾うのは

運 !

もしくは

縁 !

の部分が、かなり大きいですからね  笑

 

要するに早く乾かして選別の効率を少しでも考えて

数をこなす、ことと

比重で初心者が間違えやすい石英と区別をする

くらいですかね

後、気に入った石、は翡翠であろうと翡翠でなかろうと

本キープしておくこと

オイラも何度かやらかしているのですが

翡翠ではないけれど気に入ったのでと、家に連れ帰った石が

結局、翡翠やった ! ということもありますので

それになにより、翡翠でなくとも 素敵な石 もありますしね

 

では、皆様 御石運を !

 

 

 

広告を非表示にする