6度目の大量絶滅時代

アメリカの科学アカデミー紀要 ( PANS ) の最新号の論文に因ると

生息数や生息地が急激に減少している動物は

従来考えられていたよりも遥かに多い とのこと

それらの動物達が今迄絶滅の危機を指摘されてきた

希少動物でないにも係わらず

現在陸上に住む脊椎動物約 27600種類の内の

1/3近くの生息数や生息地が減少しているらしい

殊、哺乳類の中で人間にとって馴染みの深い 177種類だけに限れば

ここ 1世紀強の間に、生息地の 3割以上を失っており

更にはこの 177種類の中の 4割余りに至っては

その生息地の 8割以上を失ってしまったのだそう

 

この地球上で 6度目の大量絶滅時代が来ている、と

科学者達は警告する

 

まあ、どこを如何考えたって

俺ら人間の仕業なんだけどね

しかも何十年も前から言われてるしな

いっそ人間が絶滅すればいい、とも思うけど

そうなったとて完全に元の自然には回復しないのだろうな

 

不図、福岡正信翁の仰られていたことを思い出す

「 私はね鳥や獣のお零れをもらって生きているんですよ 」

 

私達、卑しい人間という動物が

感謝、を失った結果なのではないのだろうか

 

 

 

広告を非表示にする