慈愛の人 良寛

朝、小学校に行き

岡山市長選の投票を済ませる

久し振りに母校の校舎を間近に眺めたが

やはり、子供時分よりも小さく見える

 

そのまま岡山県立美術館

慈愛の人  良寛

 ――  その生涯と書 を観覧に

昨年から六度程も越後新潟に行っていながら

良寛さん関係の所は、行きたいなと思いつつもゼロ

若い時分に行った限

岡山の玉島は円通寺にて良寛さんが修行をされていたことは

知っていましたが、それでもまさか 地元岡山で

良寛さんの展示を見られるとは思ってもいませんでした

 

書は、と申しますか書も、よくは分かりませんので

なんとなーく、感じ  で見るだけなのですが

オイラのやに素人ズブズブが見ても

素晴らしい、の一言でした

この様な書を   書いてたもう、と言われて書ける人間が

いったい何人いることやら

この 〝 真っ直ぐ 〟 や 〝 曲線 〟 を書くことが出来る人間が

どれ程いるのか

 

春の陽光あふるる空間に躍っているかのような書

凛とした書

閑かな書

衒いなく素直な書

どれもその時々の良寛禅師の真情真心の書

 

悠久の時の流れか大河の流れか

ゆったりとしたスピード

泰然とした力強さ

散る瞬間の花の様に美しい線

 

 

 

 

 

広告を非表示にする