「ホントの話」

医療者のための 心の技法

  精神科医名越康文の処方箋

を今更ながらに拝読

「must」「shoud」がつきやすい共感よりも感応

(共感は可能か(1)より)

愛情を要求したり、人に認めてもらいたいと僕らが感じる

ということ自体、地球上の生物全体からみたら「病気」なんだ

ということを認識する。そこからスタートする

(愛情欲求から自由になる(1)より)

「人に話す」ときは「あっさり、淡々と話す」

そうでないと、物語が往々にして、自分の内側のドロドロとした感情を

隠すために機能してしまう

「苦労話」は相手に依存したいがため。

相手が共感して、自分を救ってくれないか

(共感は可能か(2)より)

嘘のない「ホントの話」なんていうものは存在しません。

だから問題は、真実は何かということではなく、その物語が

どんなふうに機能しているか、ということです。

(共感は可能か(3)より)


やっぱり天才だ〜

嘘のない「ホントの話」の行は

色川武大氏の

私は自分の事が信用できないから、他人のことも信用できない

を思い出した

広告を非表示にする