巨大な事業ほど

幼稚園、小学生の頃

夕方17時からと言えば

ウルトラマンシリーズとトムとジェリーの再放送

少年昼寝斎にとっては、当にゴールデンタイムだった

その時間帯によく流れていたのが

右翼のドン 笹川良一氏の

「街をきれいにしようぉお」

「いちにちぃぃ いちぜぇぇぇん」 と

原子力発電は

‘将来的に’日本の電力供給量の3分の1を占めるようになります

の2つのCM


確かに当時の技術では、大きな危険性をはらんではいるものの

原発が一番有力だったのかもしれない

太陽光や風力などの他の発電技術は、全然まだまだだった


日本では公営住宅の所管は国交省

他の国では厚労省所管というのが多い

これは田中角栄氏の意向

この方がより多くのところにお金が回る

と、こうなった

事実、多くのお金が回った、特に建設業界を中心に

経済成長目覚しい当時の日本ならこれでよかったのかもしれない

だけどこの事が、後の無駄な公共工事の温床の一つとなっていく

どこかで方向の転換が必要だった


一度動き出した事業というものは、簡単にその方向を変えられない

それが、巨大な事業であればあるほど

原発“事業”も、どこかで方向を変えられたのではないか

変えるべきだったのではないか


今からでも変えるべきではないのか

広告を非表示にする