大谷ィ〜

hirunesai2008-11-13

届きました〜

9月に大谷で作らさせて頂いたもの


まず矢野陶苑さん

無理を言って窖窯で焼いて頂いたものです

三点とも 窖窯らしい明るい焼けです

大らかな炎で包まれたようなかんじです

口縁に灰も乗せていただいてます

糸胡麻でよいのでしょうか ?

見込みと足元に少し紫の金彩が見られます

変化が楽しみです


お次は佳実窯さん

良いです。色見本より全然。

HPに仕上り見本を載せられたら良いのに

火焔青かな ? 釉垂れで引っ付いていたみたいです

3ヶ所切ってあります 

4ヶ所の釉垂れが脚みたいで、釉の感じのわりにかわいらしい動物みたい

2つ目は鉄ベースにベンガラ ? 辰砂 ?

渋くて奇麗です

3つ目は青磁で土肌を残したもの

落ち着いた感じの青磁の仕上りに、一部鮮やかな青が現れています

手の中で転がすだけでも奇麗なのです

そして残りの2つは鉄釉

渋い。渋過ぎ。独特な存在感が有ります

鉄釉と青磁と土肌残して 掛け分けできないかなぁ


正直 大谷焼き凄い です

有り難う御座います

また、来年お邪魔できるかなぁ


民陶も学んでいかねばのぉ

道は遠いんでぅす

広告を非表示にする