メモ

汗疹

梅雨明けて 一気に気温が上昇ルララ 今シーズン初の糸蜻蛉やヤンマを見た それから暑さのお陰でここ数年恒例となった 汗疹が出来てしまった いつもより時期的には遅いかな

あちこちが攣る

なんか、体の あちこちが攣る 腹とか前腕だとかが 日曜晩の腹痛からの流れやと思うけど あんまりないパターンやな まあ良えがに経過してくれれば良えのやけれど 単にヴィタミン、ミネラルの 不足な気がせんこともないけど 笑

ピキ・・・ くらい

朝、仕事中 腰に来た ぎっくり腰になるときの ピッシィンッ・・・ 程ではなかったが ピッシィンッ・・・ の 1割 5分 ~ 2割くらいの ピキ・・・ くらい 結句、座る、しゃがむの時に 腰が少~々痛む様になってしまった 取り合えず悪化させないようにだけ気を…

動きを耳で捉える

先週の金曜日やったか 今週の月曜日やったか失念したんやけど 仕事中に、自分の動きを耳で捉える という感覚が降ってきた 先日買った JIDAI さんの 筋力を超えた「張力」で動く ! の 第 9章 音感覚に身体は支配されている ! を 読む前だったので、ちょっと吃…

再認識

自然への畏怖、感謝 → 日本の自然に対するアニミズム → 仏教伝来 → 神仏混淆 → 姿は仏様であるが その実は日本の神 =日本の自然 の再認識

情の裏打ちのある智

池波正太郎先生の鬼平犯科帳の一巻 血頭の丹兵衛、118頁より ( 引用ここから ) 現代 ( いま ) は人情蔑視の時代であるから、 人間という生き物は情智ともにそなわってこそ 〔 人 〕 となるべきことを忘れかけている。 情の裏うちなくしては智性おのずから鈍…

初夏は

職場の傍の川で 40 ~ 50cm 程の魚が数匹泳いでいるのを 久方振りに見た ただ最近 朝、その川で 鳥達が餌を食んでいるのを見かけない 今季は他に良い餌場があるのだろうか 庭で毎年綺麗な白い花を咲かせていた子も 今年は姿が見えない 今年の初夏は去年の初…

自信というものは

とどのつまりが 自信というものは 自分の生き方の様なものに対して 持つべきものなのか

コロ助ではなかったようだ

とりま昨晩は早めに就寝 朝起きた時、多少熱はあったものの 仕事をしている内、朝方には平熱に戻る うーん、今回の熱はどうも 一昨日、ずっと硬いままの右股関節辺りの筋肉が ゴリゴリっと動いたことと 胃腸絡みな気がする

美しい仏像の美しさとは

昨年末、三陸大王杉を ただただ、美しい と思い暫し眺めた 今月、霧島神宮の御神木も ただただ、美しい と思い眺めた 昨日、白洲正子さんの「 私の古寺巡礼 」の中に 書かれていた、小浜の仏像のことを ネットで調べている内に不図思った 美しい仏像の美しさ…

烏のお灸

先々週くらいからかな 所謂、烏のお灸が出来たまま 偏食などが原因とも言われるけど 身体が水分不足のときになるとか この時期に水分不足とは 腎臓が潤っちょらんということになるのかの ?

なんか、知らぬ間に 右足の小指の爪が凹んでいる うーん特に心当たりもないんだが

穏かな空気を

身体の動いているところが 穏かな空気を纏い またその空気の中を泳いでいるかの様な 感覚

庭の南天

帰宅して車を止めたとき 庭の南天に呼ばれた気がしたので 南天の傍に行った 南天の方に手を伸ばす 縮んでいた身体の右側が少し弛んで伸びた そういえば先日も呼ばれた気がして 南天の傍に行き南天の方に手を伸ばしたのだけど そのときは南天から温かいと熱い…

肘の強張り

昨晩は日付が変わる前に寝る 朝目覚めてからも布団の中でぼーっと過ごし 起きてからもぼーっとネットをしたり本を読んだり その内だるさと強い眠気に襲われて横になる内に 眠ってしまう 目覚めると右肘の内側と上腕下部の辺りが痛い 数年来強張りのあるとこ…

自身の身体に

ここのところ、更年期っぽいんだけど あれだね これまでのストレスや そのストレスで無理していた部分の負担が 一気に噴き出してくる感じがあるね まあ、本当に自身の身体に素直に ありがとう と言いたい

週末

土曜日 まだ節々の痛みがある 水曜晩からの風邪がまだ経過し終わらない 日曜日 風邪の所為かはたまたいつも通りの疲れの所為か 起床は 10時過ぎ だらっ としてから午後 N タコ R さんのたこ焼きを買いに 邑久のパチ屋まで 序のことに買い出しを済ませて帰宅 …

久方振りの水っ鼻

昨晩から微熱っぽかったけど 半ドン休出は無事に終了 休出の後水汲みに この辺りからくしゃみの回数が徐々に増え始める 水汲み後必要なものの買い出しなどをしつつ家路に就くも 事故渋滞に巻き込まれ & 睡魔で居眠り運転しそうな状態 なんとかかんとか這う這…

人間の本性 意識による均一化

池波正太郎先生の 「娼婦の眼」を読み終えた 流石、の名著 人間の本性 ( ほんせい ) ときちんと向き合わずに 上っ面で薄っぺらい綺麗事で その本姓をまるで悪いことのようにしてしまった そこから生まれ出た歪みは人間にとって 決して小さなものではない 今…

「 答えがあると思ってはいけない 」

お盆に正藍染の体験でお邪魔させて頂いた 紺邑の大川さんのブログの 2018年 3月 3日 ( 土 ) のエントリー 答え ( 正藍染の人達へ ) の中で書かれておられる 「 答えがあると思ってはいけない 」 ー 分かり易い目先の答えに満足してしまえば 唯、楽をするばか…

枕トレ ?

チューブ形というか管状の枕がある その穴の中に手を突っ込んでいたら 不意に脚にはめたくなった 左足の脹脛にはめてみる すると身体が自然と動き出す 腰や背中や足首、膝など 面白いので右脚にはめたり 右腕左腕にもはめたり 結構あちこちと動いたけど なん…

秘すれば花なり

世阿弥の 「 秘する花を知る事。秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず 」 不図 舞は表情ではなく腹で ということを思い出した

汗疹

梅雨明け後の猛暑で 汗疹がでけてもた そんなに痒ないから まだええけど 煩わしいっちゃー煩わやわ

身体の芯が弱冠冷え気味

24時前後でも室温は 30℃超え それなのにやはり以前程汗をかかない 一応サーキュレーターはぶん回してはいるけれども サーキュレーター一つで如何こうという室温ではないし 汗の量が減ったなとはっきりと感じ出したのは 昨年の猛暑辺りからだけど 歳を取ると…

見る目、見える目

見える目 ↑ 花と目が合う = 身体を使った情緒の ↑ 四次元的表現 花はいいなあ = 情緒 「 数学する人生 」 岡 潔 先生 森田 真生 氏 編 を 読み終えて

右半身の歪み

昨夜は虎ノ門ニュースを聞きながら転寝で 寝たり目覚めたりを繰り返す 深夜 1時半過ぎ、布団に横になったまま 何気に足首を回していると 急に右足の強張りや硬いところを弛めようとする動きが出る 30分前後くらいかな 完全には弛まなかったけど右足から右後…

全国一斉

14時から、やさしい野口整体さんの 全国一斉七夕活元会に勝手に自宅参加 そんなに大きな活元運動は出なかったけど 首周り腰周りと右足の親指辺りが動いていた 面白かったのは目を瞑っているのに ずっと山間の静かな草の風景が映っていたこと ( そんなに頻繁…

あかんな

今朝、会社のロッカールームから 自分の職場に向かうときに、ふと思った 今の世ん中って今迄思っていた以上に あかんな 本当に上っ面の表面ばかり 浅く、薄い まあ、そんなに偉そ気なことを 云える程のものでもないんやけどね

ラップ現象 ?

寝入り端 パンッ と、右耳の中 ( 鼓膜よりは外側 ) で 何かが軽く破裂した様な衝撃で目覚める 目覚めてからも少し衝撃の感じが残っている 特に身体に異変は無いようだったのと疲れの所為で 直ぐにまた眠る 少し寝入った後今度は パシッ と木が爆ぜる様な音で…

大まとめ 19年 6/22

大まとめ 19年 6/22 ( 体験記事の各ページにリンクは張っておりませんので ご興味のある方はお手数ですがブログ下方のブログ内検索で 検索して各ページをご覧になって下さい ) 北海道 アトリエ陶 北のクラフト新工房 青森 板柳ふるさとセンター 板柳焼 津軽…